top of page
  • Writer's pictureaine

abreise w/R.P.


2 years ago on March 1st, I learned that my former teacher, my first drum teacher at Berklee, Ralph Peterson passed away.

I didn't know it could impact me so hard.


Maybe it was because we were all too fragile at the time, because of the whole pandemic thing. Maybe it was because my memory with him is directly connected with all my naive but vivid experience in Boston music scene. When I was at school, he kept telling me that I was his best student even though I was failing it so badly. Him remembering my face and my name correctly even after 10 years of graduation was to me an unbelievable thing. With my low self-esteem, I couldn't just accept that I was worthy of anyone's attention or that I could be there as who I was, without achieving anything.




If I could talk to him with more confidence, if I could accept what he meant seriously, would it be...??? Sure, things might have been different, but it doesn't matter.

That's how we had built our relationship, and it was lovely just how it was.



That night after I heard the news, I cried so hard, as if I was cleansing all the emotions and memories about him.




Next morning, still early that the sun was just coming up, I woke up with a melody in my head. It sounded like one of Ralph's compositions. I immediately recorded it on my phone, as it was my morning routine back then. Then after I woke up, I checked his compositions and nope, it wasn't his composition. But it certainly felt like he gave me the idea.



The song started like a jazz tune, but as I developed it, it ended up in the place that I never expected it to be.




This to me, is a prayer for Ralph.



For his voyage to heaven.



Rest In Peace.







2年前の3月1日、バークリーで最初のドラムの先生だったRalph Peterson Jr. が、長かった闘病生活を終えたことを知った。



Art Blakeyのジャズメッセンジャーズで叩いていたようなスーパースターの彼は、「ジャズを習いたい」と今となっては疑問しか持てない要望を無謀にも口に出したあたしに、彼のトランペット演奏とデュオでのレッスンをしてくれたりとなかなかにハードルの高いレッスンをしてくれた。



そんなレッスンでズタズタになっている自分をそれでもRalphは見捨てずにいるどころか、「お前は俺の一番の生徒だ!!!」とことあるごとに言ってくれて、他の生徒や先生の前で叩く機会をくれたりした。リサイタルでは彼の曲を演奏させてもらったりもした。


世界トップレベルの生徒がうじゃうじゃといる中で、取るに足りない存在だと思っていた自分に彼がそうやって目をかけてくれることが不思議で、10年経っても顔と名前を正確に覚えてくれていることが驚きだったけれど、きっと彼がバークリーで教え始めて最初の生徒の1人であり、愚直に彼のいうことを練習してくる日本人女子生徒は彼の中で印象に残っていたんだろうな、嬉しかったんだろうなと今なら少しわかる気がする。






きっとその時、地球上のみんながパンデミックのせいで脆くなっていたからかもしれない。


彼との思い出が、自分の中でも一番柔らかくて大切なバークリーの時の思い出に直に繋がっているからかもしれない。






彼が旅立ったことを知った時、自分でも驚くくらいにショックで、一晩泣き続けた。




何でこんなに泣くのだろう、何にそんなに感情を動かされているのだろうと思いつつ眠りについた翌朝。その時のあたしは自分でも稀に見る早起きが続いていて、作曲のアイディアと一緒に目が覚めるような状態だった。その日も朝日と、何かの曲の切れ端と一緒に目が覚めた。すぐさま携帯に吹き込んだそれは、Ralphの曲のようにも聞こえたけれど、彼のアルバムをチェックしてもそのメロディは見当たらない。





あぁ、そうか。



これはRalphが自分に残してくれたレッスンであり、最初で最後のコラボレーションなのかもしれないな、と思った。




ジャズの曲に仕上がるだろうと思ったその曲は、アイディアを練るうちにどんどんと姿を変え、思わぬ方向に仕上がったけれど、あたしの中でこの曲は、彼を天国へと送るための祈りと残された者への癒しの曲だ。




永遠に続く魂のために。






54 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page